防犯リフォームの相場を知るためのサイト

この記事をシェアする

泥棒が嫌う家にする

家の周りの見通しをよくする

泥棒がやってきても、怪しいことをしているとすぐ周りからばれてしまうようにすることは、防犯のための有効な手段です。
家の周りの見通しをよくして、侵入者がこそこそ動き回る場所をなくしてしまうのです。
こうしたリフォームの代表的なものは、周りから内部がみられる塀へと改修するものです。
塀をリフォームすることは、当然、侵入を防ぐことにもつながります。
防犯のためには、高く、見通しの良い塀やフェンスを導入することが重要です。

こうしたリフォームには、50万円前後かかるのが一般的です。
せっかくリフォームするのだからと、見栄えのする凝った塀を目指すと、100万円近くかかる場合もありますが、防犯目的に限れば前述のとおり50万から60万円程度で済むでしょう。

防犯カメラ、照明器具の設置

防犯カメラを設置したり、照明器具を設置したりするのも、セキュリティの強化につながります。
たとえば、玄関前や入りやすいベランダを監視するカメラを設置すると、犯行の様子が記録されるため、犯罪者はその家で窃盗を行うのを避けるようになります。
また、屋外に照明器具を設置すると、夜でも怪しい動きをすればよく目立ってしまうため、泥棒はこのような家を嫌います。
とくに、人を検知すると光るタイプのものが、防犯には効果的です。

こうした工事には、だいたい10万円前後かかるのが相場です。
ただし、複数設置する場合は、それだけ値段がかかります。
また、犯罪を抑止する目的ならば、実際には映像を記録しない、ダミーカメラも効果的です。
このようなものなら、1000円から存在します。
ただし、あまりに安いと明らかに偽物だとわかりますので、それなりの品質のものを使いましょう。


Topへ
戻る▲