防犯リフォームの相場を知るためのサイト

この記事をシェアする

大事な財産と安心して過ごせる場所を守るために

玄関ドアのリフォーム

代表的な防犯リフォームとしてまず挙げられるのは、玄関ドアのセキュリティ強化です。
玄関はもっとも重要な家への入り口ですから、ここの防犯を確実にすることは、とても重要なことだと言えます。
具体的には、鍵をより複雑なものにしたり、二つの鍵を付けたり、さらには生体認証を導入したりなどです。

鍵のみの設置では、1万円を切るものから数万円で済むことが多いようです。
しかし、カード式や生体認証だと、10万円程度かかります。
扉ごと無理やり開けられることを防ぐために、扉を全体的にリフォームする場合には、安くて20万円、平均的には30万から40万円ほどかかるようです。
防犯目的を超えた贅沢な改装を行わない限り、50万円を超えることはまれだと言えます。

窓の防犯強化

泥棒の侵入経路で最もポピュラーなものは、窓です。
実際、一戸建て住宅への侵入経路の半分以上が窓を通じてのものだと言われています。
よって、防犯のためには、窓のリフォームが重要だと言えます。
窓を二重にしたり、窓はそのままにガラスを二重にしたり、特殊なガラスを使用して割れにくくしたりなど、泥棒にとって都合が悪い窓にすることが大切です。

このようなリフォームには、一枚当たり数万円かかるとするのが一般的です。
また、高いガラスを使用すればするほど、ガラスの割れにくさは高まります。
高いものでは、一枚当たり10万円近くすることもあります。

予算と相談して、どのグレードのガラスを使用するか、1階の窓だけにするか全ての窓にするかを判断するのが良いでしょう。


Topへ
戻る▲